読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おはよう君需要なし

求不得苦な日々

tpfancontrolのショートカットキーでCtrl+Shift+Bが奪われていた話

Thinkpad愛用者として、tpfancontrolは最高なアプリです。

TPFanControl by troubadix

ファンがうるさいときはこいつで回転数を絞ることで、かなり静かな環境でコーディングなり編集なりをすることができます。 まぁ作業中はイヤホンしてるので関係ないよ~~って人もいると思いますが(笑)

で、今日はこのtpfancontrolの話なんですが、 なんとコイツにはキーボードショートカットがついてます。

~~~「tpfancontrol.ini」より引用~~~

//
Hotkeys=1
// HOTKEY Integration:
// Crtl+Shift+B -> BIOS-Mode
// Crtl+Shift+S -> Smart-Mode
// Crtl+Shift+M -> Manual Mode
// Crtl+Shift+1 -> Smart-Mode 1
// Crtl+Shift+2 -> Smart-Mode 2

だそうで。ファンの制御モードをキーボードショートカット(ホットキー)で切り替えられるようにされたみたいですね。

しばらく愛用していたんですが、Windows10を入れなおすまで気づきませんでした(笑)

tpfancontrolをいつものように常駐させ、Visual Studio Codeで開発しよ~~~ってことで環境を整え始めたんですが、 なんとCtrl+Shift+Bが利かない!!!というわけで、非常に困りました。

まさか、昔から愛用していたtpfancontrolがこんな悪さをするわけをないと思っていたんですが、結論から言うと見事に奪われていました…

解決法

tpfancontrol.iniのHotkeys=1をHotkeys=0にするだけです。

おわりに

解決にめっちゃ時間かかっちゃって、俺の時間を返してくれって感じです。

ちゃんとリリースノートは読みましょうって話ですね。