読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おはよう君需要なし

求不得苦な日々

PORTABOOKを購入しました。

PORTABOOK プログラミング

知る人ぞ知る変態端末

PORTABOOKは知る人ぞ知る変態端末です。ポメラを出すKING JIMが販売するパソコンで、なんとこれ、キーボードが縦に割れて回転します。

キングジム ポータブック クロ XMC10

キングジム ポータブック クロ XMC10

何が便利かっていうと、別に便利ってことはないんですが、小さいフットプリントを展開して大きいキーボードで作業できるということにロマンを感じまくってしまうわけです。

f:id:yoh_mar28:20161204021159j:plain

大きさでいうとこんな感じ!A5の手帳より一回り大きいぐらいのサイズですね。多分A5のシステム手帳とかだったらそっちの方がデカくなる気がしますね。

どこが便利?

購入してまだ日が浅い(というかさっき届いたばかり)のですが、購入する際に便利だなと思った部分や手にしてみて思った良い部分について書きたいと思います。

キーボードがかっこいい・打ちやすい

言わずもがなな利点ですね。正直、Bluetooth接続のTrackpoint Keyboardを持っているので、タブレットと一緒に運べばいいじゃん!って思われるかもしれませんが、まぁTrackpoint Keyboardを運ぶのが煩わしく感じない人にはそれでいいのかもしれません。

個人的には分離型(2 in 1)って結構煩わしいイメージがあって倦厭している部分があります。

microUSBで充電できる

これも購入する前に良いなと思っていた点で、モバイルバッテリーで充電できるWindowsマシンがほしかったんですよね。ノートパソコンのACアダプタとモバイルバッテリーをそれぞれ持ち歩いているのは邪魔でしかないのでこれは超絶プラスポイントでした。

質感が高い

写真で見ると結構ちゃっちい印象を受けるのですが、実際はマットな表面処理をされているらしく、プラスチッキーなチープさは感じられません。キーボードを縦にして収納する分の奥行きの長さのせいでデザインとしてはあまり良くないという部分についてはご愛嬌。

どこが不便?

スクロールができない

Thinkpadのようにポインティングデバイスは光学式のトラックポイントのようなものがついているんですが、これの操作性はもとより、中クリックをしながら上下でスクロールできないのが何よりもつらいです。

Edgeなど主要なアプリについてはスクロールできるのですが、ほとんどのアプリがこれをサポートしていません。Windowsの設定アプリですらスクロールできない始末。これはちょっとガッカリ。

画面がちいさい

それがよさなのかもしれませんが、画面が小さくて結構目が疲れます。このブログもPORTABOOKで書いているのですが、割と文字が見にくい印象を受けます。

有線LANがつなげない

USBのLANアダプタを別途つなげば有線LANも使えるんですけど、正直無線LANWindows Updateなんてかったるくてやってられませんよ!

microSDがでっぱる

まぁこれは天下のMacbookでも出っ張るみたいだし、出っ張らないようにするグッズが世にあふれているのでマストバイでしょうね。確かThinkpad X121eなども出っ張りましたよね。一枚買っておこうかしら。

スペック

「メモリが少ない」「ストレージが小さい」などなど、まぁ普通のパソコンとして期待して買った場合には不満が噴出するのでしょうが、そういう人はゲームやったりしたい人みたいなのでGPD Winでも買うのがいいんじゃないでしょうか。

終わりに

というわけで、PORTABOOKというパソコンを買いましたという報告でした。まぁ一回り大きい電子辞書って感じですね。これを使って何をするかっていうのは今後考えていきたいと思います。