おはよう君需要なし

求不得苦な日々

CHUWI LarkBoxにドライバを当てる

はじめに

以前の記事でクリーンインストールしたらライセンス通ったしオッケー、なんて迂闊に書いてしまいましたが、全然動作確認していませんでした。

nodemand.hatenablog.com

そして前回記事にて u16u16u16 さんより、

クリーン再インストールして回復したのですが, あのうるさかったファンが動作しなくなってしまいました.

というコメントをいただきました。今回はそれの対処を記載したいと思います。

クリーンインストール後は・・・

実際に再度クリーンインストールしてみると全然ファンが回らない。そして

f:id:yoh_mar28:20201222160906p:plain
バイスマネージャ

バイスマネージャで見ると見事にドライバの当たっていないデバイスの嵐。

前回記事時点ではクリーンインストール後は余計なもの入ってないし静かだな~~~程度に考えていたんですが、 普通にドライバが当たっていないせいでファンが回っていなかった のですね。イカイカン。

そしてmmcの中身は以前書いた通りUbuntuをインストールしてしまっているので、もうドライバはすっかり消してしまっているというコンボ。最悪

ドライバを入手

というわけで、他からドライバを手に入れる方法を考えます。

ダウンロード

公式が配ってくれていればいいですが、そういったものが見つからなかったので、CHUWIのフォーラムから有志が上げてくれているドライバを落とします。感謝しつつリンクにあるzipファイルをダウンロードし展開します。

LarkBox Drivers Here for download - MiniPC - CHUWI | Official Forum

こういうのを迂闊に入れるのは危ないかもしれませんが、背に腹は代えられません・・・

ドライバをあてる

展開したドライバをあてていきましょう。ダウンロードしたZipにはレストアのツールもついているんですが、うまくレストアできなかった&不必要なドライバも含まれていそうだったため、下記に手動でやる手順を記載します。

まずは「ほかのデバイス」にあるドライバのあたっていないデバイス名を右クリックし、「ドライバーの更新」をクリックします。

f:id:yoh_mar28:20201222162324p:plain
ドライバの当たってないデバイスを右クリックし「ドライバーの更新」をクリック

開いたダイアログでは「コンピューターを参照してドライバーを検索」をクリック

f:id:yoh_mar28:20201222162700p:plain
「コンピューターを参照してドライバーを検索」

参照先を聞かれるので、先ほど展開したZipの Drivers DESKTOP-KI0OLRN 09-21-2020 フォルダを選択し、次へをクリックします。

f:id:yoh_mar28:20201222162829p:plain
参照フォルダを入力

すると使用可能なドライバが自動的にインストールされ、デバイスが使用可能になります。

f:id:yoh_mar28:20201222162951p:plain
ドライバがあたる

中にはドライバがあたると自動的に再起動がかかるデバイスもあるので注意が必要です。

ファンが回り始める

Intel Dynamic Platform and Thermal Framework Processor Participant というドライバがあたると自動的にファンが回り始めました!

f:id:yoh_mar28:20201222163119p:plain
Intel Dynamic Platform and Thermal Framework Processor Participant

終わりに

以上、クリーンインストールしただけでドライバを当てていなかったCHUWI Larkboxにドライバを導入する手順でした。OSをクリーンインストールされる際はご注意ください。

この記事はファンが回るようになったLarkboxで書いていますがまぁファンが止まったり回ったりうるさいですね・・・